【人狼】霊媒師の基本戦術と立ち回り

霊媒師の基本戦術を考えていきましょう!

 

役職:霊媒師、霊能者

能力:前日に処刑された人が、人狼だったか市民だったか分かる

 

霊媒師は人狼が2人以上の時に意味のある役職です!

まぁ、人狼が1人の時には人狼処刑した瞬間にゲーム終了なので霊媒師は意味ないですよね(笑)

 

スポンサーリンク

霊媒師の立ち回り

 

霊媒師は前日に処刑された人が人狼か分かる役職なので、

役目としては、あと何人の人狼が残っているのか!?

または、占い師の言ったことは正しかったのか!?

 

この真偽の情報を市民サイドに伝えることが役目になります(∩´∀`)∩

 

例えば占い師が2人名乗り出ており、1人は「占い結果は人狼だった」

言っており、もう1人の占い師は「占い結果は市民だった」と言ったとします!

 

市民サイドとしてはどちらが本当のことを言っているのか分からないです!

 

そこで、次の日に潜伏していた霊媒師がさっそうと名乗り出て、処刑されたのが

市民だったのか人狼だったのかを言うわけです。

 

どちらがウソをついていたのか分かり市民サイドは霊媒師をあがめます!(笑)(*´ω`*)カッコイイ

 

なんて、実際はこんなうまくいくのは稀です(笑)

 

基本的には霊媒師は占い師よりは重要視されないので、早めに襲撃されるか処刑されるかして

いなくなるのが普通です!( *´艸`)

 

しかし!!

 

実は結構いろんな戦術を使えるのも霊媒師だったりします!!

 

これは上級者の立ち回りになりますが、人狼2 多重人格1の配役の時、

霊能者は潜伏して、人狼が処刑されるまで待ちます!

 

人狼が1人処刑されれば、霊媒師の仕事は終わりなので、名乗り出て

結果を言ってしまったほうがいいです。

 

しかし、終盤まで人狼が処刑されていない場合!これは市民ピンチです。

 

ここで人狼が処刑されていないことが分かっているのは霊媒師だけです!

この時、市民サイドからは「霊媒師を名乗り出ないのか?」「人狼が処刑されたか知りたい」という

声が出てきたりします。

 

だが、上級者は名乗り出ません!作戦があるからです( *´艸`)

 

霊媒師の作戦!

 

それは多重人格のフリをすることです!!

 

例えば残りが5人しかいない場合、人狼が処刑されていないので、

「人狼2」「市民3」ということになります。

 

そこで霊媒師は「私は多重人格だから人狼名乗り出て!」と言います。

それで「市民を人狼サイドで投票すれば3票なので勝てますよ!」と!

※実際にはこの時点で1人くらいは人狼の目星がついていることが

 多いのでその人に直接「だれに投票する?」みたいに話しかけてもいいです。

 

ここで人狼が信じて名乗り出たり、ホントかすごい疑ってきたり、

人狼サイドの発言したら霊媒師の勝ちです!

 

今度は市民サイドに「今のはウソでホントは市民です」と言って、

人狼が分かったので、みんなで人狼に投票しましょうと言えば

あぶりだされた人狼サイドは負けになります。

 

ここまで出来たらもはやともてはやされるでしょう!!!

 

まっ、私も動画でこの戦術を見ただけなんですけどね!!

 

こぱんずに参加ご希望の方はお問い合わせからお名前・参加希望日を記入の上ご連絡ください。

詳細をご返信させていただきます!(数日お時間をいただく場合がございますが、必ずご返信させていただきます)

イベントスケジュールはイベントカレンダーご確認ください!

(勧誘・営業・ナンパ等、ゲームを楽しむ目的以外の方は参加をご遠慮ください)

 

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事