【人狼】パパラッチの基本的な立ち回りとコツ

今回は「人狼ゲーム~牢獄の悪夢~」のパパラッチの役職について考えていきたいと思います。

パパラッチは能力が強く、配薬すると人狼サイドが強くなりすぎてしまうため、入れ時が難しい役職です!

10人以上でやる時などに配役すると良いかもしれません。

 

【人狼サイド】

役職:パパラッチ 

能力:人狼チームに属する市民です。人狼チームが勝利したときに、勝利となります。ただし、誰が人狼なのかは分かりません。
毎晩、人狼か占い師と思われる人の正体を1人だけ確認できます。

 

要するに人狼チームの占い師のような役割ですね。

スポンサーリンク

パパラッチの基本的な立ち回り

パパラッチは夜に誰か1人占うことができて「人間」「人狼」「占い師」のどれかが表示されます。

 

パパラッチは人狼サイドなので、名乗り出る必要はありません。

占い師と同じで、黙って粛々と夜に占っていくことが基本的な立ち回りになります。

そして、占い師を発見したら人狼に仕立て上げましょう!

 

基本的には人狼をかばって、占い師を排除する役割がパパラッチです。

パパラッチが占い師を騙る

能力が占い師と同じなので、占い師を騙る立ち回りは可能です。

本物の占い師が名乗り出た時にすかさずパパラッチも占い師として名乗り出ましょう。

 

この時に占い師を占って人狼だったと発言することで、人狼サイドに自分が仲間であることをアピールできます!

占い師が2人いる状態ではなかなか片方の占い師に投票する流れにはならないので、バレずに人狼サイドとアピールできます。

 

例えば、処刑された人を人狼だとウソを言っていた場合は、霊媒師がいるとその嘘はすぐにバレてしまいます。

翌日に処刑されてしまうでしょう。

 

人狼の処刑するタイミングを遅らせるという意味では仕事しているので、ウソがバレたとしても仕事していることにはなります!

 

スポンサーリンク

パパラッチの見抜き方

逆にパパラッチの役職の人を見抜く方法を経験則でお教えします。

 

パパラッチが役職に入っている場合は、大人数で人狼をやっていることがほとんどです。

役職もたくさんあって、みんな断定的な言い方は避ける傾向にあるなかで、妙に自信満々に発言したりします。

 

パパラッチの能力で、ある程度役職が分かっている上に占い師ほど生き残る必要もないということから、発言に自信を持つ人が多いです。

あくまで経験則なので、ただ自信家の可能性もありますが・・・

保身を考えずにガシガシ話を回そうとしている人、パパラッチの可能性が高いです。

 

他の役職や戦術は「人狼ゲームの戦術・役職説明」をご覧ください。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事