【シャドウレイダーズ】のルール・キャラクター紹介/レビュー

今回は正体隠匿ゲームのシャドウレイダーズのルール解説とレビューをしたいと思います。

 

シャドウレイダーズは正体隠匿系でボードゲームを探している時に見つけたゲームで、内容を見ると人狼を彷彿とさせる面白そうなゲームだったのでこぱんずでやってみたく購入しました。

ゲーム内容は3つの陣営に分かれて戦う正体隠匿系ゲームです。

自分がどの陣営なのか、情報を隠しながらアイテムを使ったり、装備品を整えたり、固有の特殊能力を使ったりしながら戦っていくゲームです。

簡単に言うと人狼ゲームにHPを追加して殴り合うようなゲームですw

※本作は、2005年に発売されたゲーム『シャドウハンターズ』のリメイク作品のようです!イラストや多少のルール変更があったようですが、ほぼ同じ内容です。

 

対象年齢:13歳以上

ルール難易度:中級(説明した後に何度かやらないと理解できないと思います)

プレイ人数:4~8人

プレイ時間:60分

こぱんず 楽しさ度:★★★★

 

スポンサーリンク

内容物

・取扱説明書

・ダメージボード(左側の建物)

・エリアボード(星型)

・キャラクターカード 10枚

・白、黒、推理カード 各16枚

・プレイヤー駒 8色 各3個

・6面ダイスと4面ダイス

ゲーム内容と勝利条件

シャドウレイダーズは「霧の都」と呼ばれる都市を舞台に下記3つの陣営の戦いを描いたボードゲームです!

 

闇が生み出した邪悪なる存在『シャドウ』

勝利条件:レイダー全員が脱落するか、シチズン3人が脱落すること

 

国家の秘密機関としてシャドウ討伐の任を受けた『レイダー』

勝利条件:シャドウ全員が脱落すること

 

そしてその戦いに巻き込まれた市民『シチズン』

勝利条件:各キャラクターに書かれた勝利条件を達成した時

 

特殊能力は、自分の正体を公開することによって使用することができます(基本的には1回のみ)

使用できるタイミングはそれぞれの説明文に記載があります。

※ウルリッヒの能力は通常能力なので、公開せずに何度でも使うことができます。

 

ちなみに、キャラクターの早見表を作ったので、シャドウレイダーズをやる方は使ってください。

PDF版:シャドウレイダーズ【キャラ早見表】

スポンサーリンク

ゲーム準備

1.キャラクターカードを良く切ってプレイヤーに配り、同時に各色のプレイヤー駒を2つ受け取ります(色は好きなものでかまいません)

キャラクターカードのHPや特殊能力、勝利条件を自分だけで確認して、プレイヤー駒と一緒に置いておきます!

もう一つのプレイヤー駒はダメージエリアの「NO DAMEGE」に置きます!

【キャラクター配分】

4人プレイ:レイダー2人、シャドウ2人、

5人プレイ:レイダー2人、シャドウ2人、シチズン1人

6人プレイ:レイダー2人、シャドウ2人、シチズン2人

7人プレイ:レイダー2人、シャドウ2人、シチズン3人

8人プレイ:レイダー3人、シャドウ3人、シチズン2人

 

2.白、黒、推理カード(緑)を良く切り、エリアボード、ダメージボードを下記のように配置します。

準備は以上です!

※画像ではエリアボードにプレイヤー駒が置いてありますが、最初はダイスと一緒に真ん中に置いておきましょう!

ゲームプレイの流れ

最初の手番はじゃんけんなどの適当な方法で決め、時計回りに手番を行ないます!

 

【1】まず、手番プレイヤーはダイスを2個同時に振り、出目の合計に合致したエリアに移動します。(必須)

例)△3+□5=8 「8」に対応した市庁舎に移動します。

※取説だと誤植があり、「8」は地下通路となってますが正しくは画像のとおり「市庁舎」が正しいです。

出目の合計が「10」だった場合は、好きなエリアボードに移動します。

ただし、今置かれているエリアを選ぶことはできません。必ず移動しなくてはいけません。

 

【2】エリアボードの指示に従う(任意)※任意なので行なわなくてもいいです

《各エリアの指示》

探偵事務所「2」「3」:推理カードを山札の一番上から1枚引いて内容を確認してから、他の任意のプレイヤーにそのカードを渡します。

渡されたプレイヤーはそのカードの指示に従います。(推理カードは他のプレイヤーに公開してはいけません)

ブラックミスト地区「4」「5」:推理カード、白のカード、黒のカードのうち任意のものを山札の一番上から1枚引き、その指示に従います。

大聖堂「6」:白のカードを山札の一番上から1枚引き、その指示に従います。

地下通路「7」:黒のカードを山札の一番上から1枚引き、その指示に従います。

市庁舎「8」:任意のプレイヤー1人を選び、以下の効果のうちどちらかを行ないます。

・任意のプレイヤーに2ダメージを与える。

・任意のプレイヤーのダメージを1回復する。

オリバーの隠れ家「9」:他のプレイヤーが所持している装備カード1つを、自分のものにします。

※ダメージを負ったらダメージエリアの自分の駒をダメージ分進めます。

※手に入れた装備はキャラクターカードの横に並べて置いておきましょう!

 

【3】他のプレイヤーを攻撃する(任意)※任意なので行なわなくてもいいです。

攻撃を行なえるのは自分がいるエリアか、左隣のエリアにいるプレイヤーになります。

例)自分が紫のプレイヤーなら、左隣の黄色のプレイヤーに攻撃することができる。

攻撃は2つのダイスを振り、大きい数字から小さい数字を引いた差がダメージになります。

画像の例で行くと6-4=2で相手に2ダメージを与えます。

キャラクターの死亡とプレイヤーの脱落

攻撃などの結果でダメージが自分のキャラクターのHP以上になった場合は、その時点で死亡し、プレイヤーは脱落します。

脱落したプレイヤーは自分のキャラクターを表向きにして正体を公開し、プレイヤー駒とダメージ駒をキャラクターカードの上に置きます。

装備カードを所持していた場合はすべて捨て札になります。

ただし、他のプレイヤーの攻撃によって死亡した場合は、攻撃したプレイヤーは、死亡したプレイヤーの装備カードから1枚を選び、自分のものにできます。

残りはすべて捨て札になります。

ゲーム終了と勝利について

キャラクターカードに書かれた勝利条件を達成したプレイヤーは、直ちに自分のキャラクターカードの正体を公開し、ゲームの終了を宣言します!

ゲーム終了の宣言は手番プレイヤー以外が行っても構いません。

勝利条件を達成したプレイヤーは全員勝利をします。

ゲームから脱落したプレイヤーでもゲーム終了時に勝利条件を達成していた場合は、勝利することができます。

シャドウレイダーズ プレイレビュー

HPがあって、殴り合いができるのが面白いですね!

 

正直、シャドウとレイダーは正体を隠しておくメリットがあんまり感じないですが、正体を明かすタイミングは重要ですね!

シチズンは正体がバレると両方から標的にされるので、隠した方がいいですが、行動でバレやすいので難しいですね。

自分はバイロンになって、行動からあっさりバレて殺されましたw

 

もっと、みんながルールを分かっていくともっと面白いと思いました!w

キャラをもっと増やしてくれると、バランスも良くなるし楽しいと思いましたね。

メーカーに拡張を出してもらえるよう期待します!

 

こぱんずに参加ご希望の方はお問い合わせからお名前・参加希望日を記入の上ご連絡ください。

詳細をご返信させていただきます!(数日お時間をいただく場合がございますが、必ずご返信させていただきます)

イベントスケジュールはイベントカレンダーご確認ください!

(勧誘・営業・ナンパ等、ゲームを楽しむ目的以外の方は参加をご遠慮ください)

 

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事